歯医者のセカンドオピニオンとは?


みなさんこんにちは!
 神戸市北区の歯医者 ひよどり台歯科クリニック
院長 東田です。

歯医者のセカンドオピニオンとは

 神戸市北区にも多くの歯医者があり、患者さんにとって「どの歯医者さんに相談しようか」といつも迷ってしまうのではないでしょうか。こんな時にみなさんに知っていてもらいたいのがセカンドオピニオンです。

_MG_3711

セカンドオピニオンというのは医療の世界で当たり前に知られている言葉で、一人の歯科医師の診断だけでなく、他の歯科医師の診断を仰ぐという考え方を表す言葉です。患者さんにとって本当に納得のいく治療を受けるために必要なこととして広く知られています。

 

セカンドオピニオンは元々は一般医療を中心に始まった言葉で細菌は歯科医療の世界でも当然のものとして認知され、おおくの歯科医院でセカンドオピニオンの希望を受け入れています。患者さんにとって不安感を払拭したり、治療に納得のいく歯医者を選択する上で非常に大切な考え方なのです。

 

歯科医師にとって当たり前のセカンドオピニオンでも患者さんにとっては「悪い印象を受けるのでは?」と不安になってしまうことがあると思います。歯科医師にとってセカンドオピニオンを受けてもらうのは決して不快な思いをするものではなく、むしろ必要なものと認識されています。神戸市北区でも多くの歯科医師がセカンドオピニオンに応対しているのは常に必要性を感じていることから考えるとごく自然なものです。セカンドオピニオンを希望されている方は決してためらうことなく歯科医師に相談するように心がけてください。
_D2_8401