歯の着色しないようには、普段どう気を付ければいいですか?


みなさんこんにちは!
 神戸市北区の歯医者 ひよどり台歯科クリニック
院長 東田です。

歯の着色しないようには、普段どう気を付ければいいですか?

 神戸市北区にも歯の着色で悩んでいる方がいるのではないでしょうか。歯の着色は歯医者で相談を受ける非常にありふれた問題ですが、その正しい知識や予防法をご存知の方はあまり多くないかもしれません。

Image result for 歯の着色

歯の着色の原因は元々色がついている食品に原因があります。特に日常的によく口にする食べ物には要注意です。身近なもので考えてみるとまずお茶が着色の原因として知られています。特に紅茶には茶色い色をした成分が含まれていて、食器の表面と同じように歯にも色をつけてしまいます。このため、毎日紅茶を飲んだりしていると歯が茶色く変色してしまうので注意が必要です。

Image result for 紅茶

歯の着色は非常に大きな問題で、のちのち白くするためにはホワイトニングなどの治療が必要になります。ホワイトニングをしたとしても着色がひどい場合には十分に白くならない場合があるので、やはりあらかじめ歯の着色を防ぐように毎日の食事に気をつける必要があります。神戸市北区でも多くの患者さんが悩んでいる着色も、毎日連続して色が付きやすいものを食べないだけである程度防げるので、一度食生活を見直してみるといいかもしれません。歯科医院で白い歯を ~オフィスホワイトニング~

 

着色で一つ注意をしてもらいたいのが、虫歯と着色を見誤らないことです。着色はなかなか簡単に虫歯と見分けつかないので、独断は厳禁です。神戸市北区にお住いでお口のトラブルや歯の着色でお悩みの方は是非一度歯科医師にご相談ください。