歯間ブラシとフロスどちらを使うべきですか?


みなさんこんにちは!
 神戸市北区の歯医者 ひよどり台歯科クリニック
院長 東田です。

歯間ブラシとフロスどちらを使うべきですか?

神戸市北区にいる多くの患者さんが直面するのが歯間ブラシとデンタルフロスどちらを使うべきかという問題です。おそら歯医者でも数多くの歯間ブラシやデンタルフロスを使っているので迷ってしまう方もいるかもしれません。

soukai_4903301898313[1]yjimage[3]

実はデンタルフロスと歯間ブラシ、それぞれ役割が使うので正しくは個人個人に合わせて両方使い分けるというのが望ましい使い方です。歯周病などの疾患で歯茎や歯の周りの骨が減退してしまい、歯と歯の間の隙間が大きくなっている場合にはデンタルフロスではなく歯間ブラシを使って歯の間の隙間を綺麗に磨くのがいいかもしれませんが、歯間ブラシが間に入らなかったり、歯と歯茎の間の部分まで綺麗にするにはデンタルフロスが使いやすいと思います。c0c44483afe1ccf45e2f9daf24162481[1]

歯と歯茎の間の歯周ポケットは細菌が大量に住み付いていて、歯周病を防いだり、歯の表面から起こる虫歯を防ぐにはしっかりと綺麗にすることが必要です。歯間ブラシを使っていても定期的にデンタルフロスで歯と歯茎の間を綺麗に磨き、病気を防ぐことが大切です。神戸市北区にあるドラッグストアで多くのデンタルフロスが販売されているので、ぜひ一度時間をかけて選んでみてください。

お口の病気は常日頃からの予防が何よりも大切です。神戸市北区にお住いの方で歯医者での治療やブラッシング指導をご希望の方は是非一度歯医者にご相談ください。正しい知識で、お口の健康を守りましょう。

scovolino1-300x208[1]