完治するまでにどのくらいの期間が必要なのか?


みなさんこんにちは!
 神戸市北区の歯医者 ひよどり台歯科クリニック
院長 東田です。

完治するまでにどのくらいの期間が必要なのか?

歯科医療で関わる疾患の代表的なものは虫歯と歯周病ですが、この2種類の疾患がどれくらいの治療期間が必要かご存知でしょうか。神戸市北区にも多くの患者さんがいるこの二つの疾患ですが、その実態は実はあまり正確には知られていません。歯医者で治療を受ける前にしっかりと治療期間に関する基礎知識を身につけることが大切です。「虫歯と歯周病」の画像検索結果

まず虫歯ですが治療期間はどの程度虫歯が進行しているかによって変化します。ごくごく初期の虫歯であれば少し削り、プラスチックの材料で穴をふさいで元のように歯をつくってあげるだけで治療が終わるので、1度か2度歯医者に来院して頂けば治療が完了します。しかし、あまりに虫歯が大きくなっている場合には金属の詰め物を作ったり、歯の内部の神経の治療が必要になるので比較的大掛かりな、長期に度る治療が求められます。神戸市北区の多くの歯医者で検診が行われているので、一度診察を受けてみましょう。

歯周病も虫歯と同様に初期の歯肉炎の段階で済むのであれば歯石の除去やブラッシングの指導などを含めて1ヶ月程度の治療で症状が改善し、経過観察に移ることができるのですが、慢性的に炎症が続いている歯周病の段階になってしまうと非常に長い治療期間が必要になります。歯石除去も一度に大量に除去すると体に大きな負担がかかってしまうので少しずつ治療を行う必要があり、あまりに歯石が付着している場合には治療期間が長期間になりがちです。

神戸市北区でお口の悩みをお探しの患者さんは是非一度ご相談ください。

P9上段の差換え写真 (11)