歯の土台をファイバーコアにするメリット


みなさんこんにちは!
 神戸市北区の歯医者 ひよどり台歯科クリニック
院長 東田です。

歯の土台をファイバーコアにするメリット

神戸市北区にある多くの歯医者でファイバーコアの歯科治療が行われるようになってきました。ファイバーコアというのは金属を使わない歯の内部の土台のことで、根管治療を行った後に行われる歯の被せ物の土台のことです。グラスファイバーなどの歯科材料はアレルギーを引き起こさないので、人体への影響が少なく、近年人気が高まっています。

img_treat07_01

ファイバーコアの一番のメリットは何と言ってもメタルタトゥーが起こらないことです。差し歯を作った後に歯茎の周りから着色が広がり、歯茎が黒ずんで見えてしまうのがメタルタトゥーで近年大きな問題になりつつあります。歯の内部の治療を行ったあとに歯茎まで変化してしまっては非常につらいもので、多くの患者さんが治療を希望されています。神戸市北区でも数多くの患者さんが歯茎の変色を治したいと希望されているのではないでしょうか。
0303361001353222900_0[1]

ファイバーコアを用いた治療はこれまでのメタルコアを使った治療に比べて非常に使い勝手がよく、修繕や補修も容易に行えます。一度作った被せ物を長い間使い続けるためには補修がしやすい材料を使うのが重要で、治療の負担を軽くすることもできます。

神戸市北区にお住いの方の中には今現在歯の深い症状でお悩みの方もいるかもしれません。歯の深い症状を軽減し、これから治療を望まれる方は是非一度歯科医師にご相談ください。しっかりと、納得のいく治療を受けるように心がけましょう。

_D2_8409