歯がかけてしまった場合の対処法とは

Pocket


みなさんこんにちは!
 神戸市北区の歯医者 ひよどり台歯科クリニック
院長 東田です。

歯がかけてしまった場合の対処法とは

患者さんの中には、突然、歯が欠けてしまい困惑された方もいるのではないでしょうか。歯が欠けてしまった時にもっとも重要なのは適切な対処法です。歯医者と連携して歯の温存ができるように対処法を理解しましょう。

まず、歯が欠けてしまった時に重要なのがすぐに歯医者に相談することです。歯がどの程度欠けているのか、痛みは強いのか、どのような欠け方をしたのかなどによって治療の方針が変わるので、歯医者に連絡し、すぐに急患対応をしてもらいましょう。多くの歯医者で急患を受け付けていると思うので、急患受付をされている歯医者を探しておくのも便利かもしれません。
toiawase_key

歯医者にいくまでの間はまず欠けてしまった歯のかけらを保存しておきます。この時に歯牙保存液などの歯の保存液を使ったり、薬局で販売されている生理的食塩水などの保存液に歯を浸しておくことが大切です。場合によっては欠けた歯を使って治療をすることもあるので捨てずに歯科医師の元に持っていきましょう。
IMG_77571yjimageMGF28DYA

歯が欠けてしまうのは非常に痛みが強く、多くの患者さんが経験され、不安を感じたことがある方も多いのではないかと思います。歯が欠けてしまっても大きさ次第ではほとんど元の通りに戻すことができるので決して悲観する必要はありません。すぐに治療をすると痛みもなくその日のうちに食事もとることができるようになるのでお困りの場合は歯科医師に相談しましょう。
0c0473f154d87c352b26bda336048c9c