歯根破折の原因と治療

Pocket

みなさんこんにちは!
 神戸市北区の歯医者 ひよどり台歯科クリニック
院長 東田です。

歯根破折の原因と治療

歯根破折というのは歯が折れてしまう病気で、歯が割れてしまう事で痛みが長く続き、治療をしなければ顎にまで炎症が広がってしまう面倒な病気です。毎年何人もの患者さんが歯根破折を経験されているので、しっかりと知識を身につけましょう。

treatment_img09

歯根破折の原因は歯の老化と歯に加わる強い衝撃です。歯が老化してくると歯全体がもろくなってしまい、力強く物を噛んだ時や硬い物を噛み砕こうとした時に歯が欠けてしまうことがあります。歯が欠けてしまうと折れ方によっては歯を抜いたり神経の治療をしたりと非常に大掛かりな治療が求められるのでしっかりと対策をすることが重要です。

1-228x300歯のヒビ

歯根破折は横方向に歯が折れたのか、縦方向に歯が折れたのかによってその後の治療が変わることがあります。縦方向に歯が割れてしまった場合には治療が難しく、基本的には抜歯が必要になるのですが、強い衝撃などで横方向に歯が折れてしまった場合には歯の内部の歯髄の治療を行い、折れた歯を再利用できる場合があります。毎年歯根破折を経験されている方がいるので歯医者では頻繁に見かける症状ですが、折れた本人にとっては非常に重大な問題です。

困ったことがあった場合にすぐに歯科医師に相談できるようにかかりつけの歯科医師を決めておくといざという時のトラブルに役立ちます。日頃のお口のトラブルを相談したい方は是非一度お越しください。
_D2_8175