根尖病巣の治療法

Pocket

みなさんこんにちは!
 神戸市北区の歯医者 ひよどり台歯科クリニック
院長 東田です。

根尖病巣の治療法

歯の病気は実は歯の内部以外にも影響を与える事をご存知でしょうか。虫歯や一部の歯周炎が原因となって歯の根っこの先端部に病気をつくってしまう事があり、これを根尖病巣と呼んでいます。数多くの患者さんが経験されているので、しっかりとした知識を身につける事が大切です。

t02200190_04780412112394776190000009840

根尖病巣の治療は歯茎の方から治療を行う事が一般的です。歯茎を切開し、骨を少し削り根尖病巣を露出させます。病気の種類によりますが、根尖病巣は膿が排出されたり、根尖にできた病巣を除去する事で症状が劇的に改善するので、しっかりと病巣を除去し洗い流す事が根尖病巣の治療の基本です。このまま、歯の内部の治療を行う場合には根の先端部を少し短く切り詰め、歯髄という歯の内部の血管と神経の塊との出入り口をつなぐ通路を封鎖します。このようにして歯の内部を完全な密室にするのです。このような治療を行っている歯科医院がたくさんあるので、一度は耳にされた方もいるのではないでしょうか。

yh-027-1

根尖病巣を取り除き、炎症が治まってきた後に行われるのが歯の内部の治療です。これは根管治療と呼ばれている治療法で、しっかりと歯の内部の細菌を綺麗に取り除く事で症状を緩和する治療法です。根釧治療の結果によっては治療がやり直しになってしまい、せっかく作った被せ物が無駄になってしまう事もあるので一度で治療を完結させる事が何よりも大切です。

complete-recovery004_caption-1-300x300file1

根尖病巣ができてしまうと長い間痛みを感じる事もあるので、素早い治療の開始が重要です。根尖病巣が後不安な方は是非一度歯科医師にご相談ください。