ハイブリットとは?

Pocket

みなさんこんにちは!
 神戸市北区の歯医者 ひよどり台歯科クリニック
院長 東田です。

ハイブリットとは?

ハイブリッドというのは何かと何かを混ぜ合わせたり組み合わせたものの事を言います。ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドカーのハイブリッドとしてご存知の方も多いのではないでしょうか。実はハイブリッドの材料やハイブリッドの治療を検討されている方が最近増えており、患者さんにも是非詳しく知って置いてもらいたいものです。しっかりと歯科材料について理解をしておきましょう。

5-300x218metal1

                                                          
歯科で使われるハイブリッドというのはレジンとセラミックのハイブリッドのことです。レジンというのはプラスチックでできた材料のことで、化学反応により材料が固まり、粘りのある非常にいい材料なのです。セラミックは硬さがあり、見た目の美しさが非常に高い材料で、人気があります。このふたつを組み合わせた材料がハイブリッド材料で、多くの歯科医院で近年利用されています。このハイブリッド材料の一番嬉しいところはレジンの弱点をセラミックが補ってくれることです。レジンというのは固まる時に若干変形する性質があり、この変形によって僅かなすきまができたり、詰め物のズレができてしまうことが弱点として知られていました。このため、ハイブリッド材料を利用して治療を行うと変形も少なく、見た目も美しい治療ができるので、最近ではどこの歯科医院でも導入され始めているのです。

当院での治療例
HBCIn術前-10-300x201HBC Crセット-13-300x201
          治療前                   治療後
右下6HBCIn術前-2-300x201右下6HBCインレーセット-2-300x201

通常のレジンを使っただけの治療やセラミックだけを使った治療というのはそれぞれ弱点があり、お互いにその弱点を補い合うハイブリッド材料は非常に画期的な歯科材料です。ハイブリッド材料を多用した歯科医療をご検討されている方は是非一度当院へお越しください。しっかりとした治療と丁寧な説明で治療に当たらせていただきます。
_D2_8401